ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

続 東郷ビール

先ほど帰福しました。
今回の出張は3泊4日。。。ホテルでの3泊は疲れますね(^^;

ですが、天皇皇后両陛下と皇太子殿下を明治神宮にて御奉迎させて頂けるなど、
とても充実した4日間でした。

さて、昨日ご紹介した「東郷ビール」。
もう少し詳しくご紹介させて頂きます。
明治維新以降の日本に勇気づけられ、白人支配や他国からの圧力に抵抗できた
国はたくさんあります。

歴史を正しく理解することはとても重要なことですよね。


「東郷ビール」について
昭和47年、アミラーリ「東郷ビール」は、フィンランドの首都ヘルシンキより約200Km北にあるダンペレという森と湖に囲まれた美しい町のビューニッキ社というビール工場で生産が開始されました。
当初は「東郷平八郎」 「ネルソン」等世界の有名な提督6名でスタートし、その後数を増し現在は24名の提督シリーズで販売されていて、日本人では「東郷平八郎元帥」 「山本五十六元帥」の2名がラベルになっています。
「東郷元帥」が何故フィンランドのビールのラベルに登場したかについては、歴史的意義があります。 1905明治38年5月27日、東郷元帥率いる「連合艦隊」は、フィンランドのクロンシュタット軍港を出撃したロシアの「バルチック艦隊」を対馬沖にむかえうち、これを撃滅しました。
「東洋の小国日本」が「大国ロシア」に大勝利を納めた快挙に勇気づけられたフィンランドは、1809年以降のロシアの支配と圧政からの独立運動をおこし、1917年これを達成しました。東洋の英雄「アドミラル トーゴー」は現在でもフィンランドの小・中学校の教科書で紹介されており、フィンランド人の心に深く刻まれております。
 昭和58年、フィンランドを訪問した際、この「東郷ビール」の紹介を受け、深い感動を覚えた当時の運輸政務次官「佐藤文生衆議院議員」(後の郵政大臣)は、ビールを日本に持ち帰り「原宿東郷神社」に献上し、関係各方面に紹介しましたところ「フィンランドで飲まれている幻の東郷ビール」ということで評判を呼びました。
 その後、日本向け「アミラーリ東郷ビール」の缶ビールの製造も開始され順調な伸びを示しておりましたが、平成3年の夏企業情勢の悪化により、フィンランドでの生産は中止され、ビン詰めのみ(ラベルは前と同じ)現在は日本で生産されるようになっています。
by fukuigokoku | 2010-11-10 10:43 | 紹介したいこと | Comments(0)