ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

夏越の大祓式

昨日、夏越の大祓式を無事に斎行致しました。

例年、護国神社では本殿での祭儀のみ斎行されていましたが、
来年の御鎮座70年を控え、各種祭儀を一つひとつしっかりと斎行していこう!
という事で、この夏越の大祓式においても、茅の輪を設置し、皆さんのご参列を
広く呼びかける形で斎行させて頂いた次第です。

当日は100名を越す方のご参拝と、600体を越す形代が寄せられました。
本当に有り難い限りです(^^)

皆様には半年の罪穢れをお祓いいただき、新たな活力を頂かれて暑い夏を元気に
乗り切っていただきますよう祈念する次第です。

護国神社では今後も、毎年の恒例祭儀として夏越の大祓式を執り行って参ります。
またぜひご参列下さいませ。

f0067122_13204649.jpg
◆この日に食べられる和菓子「水無月」です♪ 先ずは大神様にお供えをさせて頂きます。朝日風月堂さん謹製です(^^)

f0067122_13235035.jpg
◆祓所に設けられた特設斎場で、参列者の皆様とともに大祓詞を奏上いたしました。

f0067122_13245693.jpg
◆大麻と切麻でご参列の皆様をお祓いいたします。

f0067122_13255316.jpg
◆続いて「清水処」にて、寄せられた形代を宮司が清水に投げ入れます。

f0067122_13362467.jpg
◆清水に投げ入れられた形代は、水に溶けることで災いが清められます。

f0067122_1328594.jpg
◆引き続き、ご参列の皆様に投げ入れていただきました。子供たちも神妙な顔で臨んでいました(^^)

f0067122_1330518.jpg

f0067122_13301251.jpg

一 水無月の 夏越の祓ひ する人は 千歳の命 延ぶといふなり
二 思ふ事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓ひつるかな
三 八百万 神も夏越になびくらむ 今日すがぬきの 祓へしつれば
続いてこれらの和歌を詠んで茅の輪をくぐりました。

f0067122_13322250.jpg
◆その後、「まこも」で奉製された小麻にて、自己祓をしていただき本殿内に参入します。

f0067122_13332221.jpg
◆宮司にあわせ全員で拝礼いたしました。

f0067122_1333514.jpg

f0067122_13335995.jpg
◆最後にお待ちかねの「水無月」です(^^) 朝日風月堂さんの水無月、美味しかったですよ♪ 子供たちも大喜びでした!
Commented by たか at 2011-07-01 13:53 x
時間の関係で形代だけ納めに行かせて頂きました。
来年は、茅の輪をくぐりたいです。
うまく形代溶けたかな~
Commented by fukuigokoku at 2011-07-01 18:58
たかさん、こんにちわ。
形代をお納めいただき有難うございました。
皆様方から寄せられた形代は、確かに清水にて全て溶けていました(^^)
来年は茅の輪もぜひおくぐりください。
by fukuigokoku | 2011-07-01 13:35 | 祭事・行事 | Comments(2)