ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

急流中底之柱 建立!

平成24年。
福井県護国神社は創立70年の佳節を迎えます。

「故郷をおもふ心」~七十年後の桜の木の下で~

この思いのもと、記念大祭をはじめ各種記念事業を執り行います。
皆様、ぜひこの記念すべき年を、改めて英霊への感謝の心を表す年として頂きますようお願い申し上げます。

その記念事業の第一弾が「急流中底之柱」建立事業。
御祭神 橋本左内命が大切にした言の葉を形として表し、福井の子供たちが左内先生のように、揺るぎない強い心を持ってくれるようにとの願いを込めて建立します。

中央に、丸岡町竹田地区の皆様の奉納による県産材の杉。
高さは10.7m! 左内先生の御命日である10月7日にちなみました。
先生の死を大切に受け止めたいとの思いが込められています。

その左右には、「急流中底之柱 即是大丈夫之心」と刻まれた石碑と、「啓発録」が刻まれた石碑を配置します。これらは、福井を代表する書家の吉川壽一先生に揮毫いただきました!

この柱の立柱の儀と、周りに敷き詰める石を置く敷石の儀を下記にて執り行います。
どなた様もご自由にご参加いただけます。
ぜひご参列下さいませ(^^)


◆「急流中底の柱」建立

日時:平成24年4月14日(土)13:00~
日程:13:00  木遣り唄
   13:10  急流中底之柱 お木曳き
   13:30  立柱の儀
   13:50  敷石行事
   14:20  両碑除幕
   14:30  ますらを太鼓奉納 

f0067122_9331090.jpg

Commented by SY at 2012-04-01 22:05 x
本日、県外から福井縣護国神社に参らせて頂きました。
私は福井に血縁は無いのですが、個人的にお世話になっていることがあるため、参らせて頂きました。
Commented by fukuigokoku at 2012-04-03 09:19
SYさん おはようございます。
昨日はようこそお参り下さいました(^^)
by fukuigokoku | 2012-03-27 09:33 | 祭事・行事 | Comments(2)