ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

母の日まいり 「有難う」

護国神社では『母の日まいり』を推奨させて頂きます。

母の日のお母さんへの最高のプレゼントは、
「いつまでも健康で、家族全員が幸せで暮らせますように・・」との祈りの心です。
橋本左内命をはじめとする、護国神社にまつられる神々は、とりわけ母への想いが強い神々です。

普段、無償の愛と優しさを与えてくれているお母さんに対して、案外何も出来ていないのは私も同じです(^^;

一年に一度、母の日くらいは、ひたすらにお母さんの健康としあわせを祈る日にしませんか?
「当り前」ではない母の存在。ぜひ「有難う」の言の葉をお送り下さい。


f0067122_13143410.jpg
◆越前和紙職人、岩野平三郎氏のご令嬢 麻貴子氏の手漉き和紙でつくられた『香り袋』と、厳しい寒風の中にも凛とした美しさをみせる水仙が描かれた『ふくい母守』。この水仙の姿こそ、美しい越前女の姿だと思います(^^)

f0067122_13224938.jpg
◆『ふくい母守』と『香り袋』をセットにした、母の日の「有難う」。4月29日~5月12日の母の日までの限定授与となります(^^)

f0067122_13141090.jpg
◆月刊URALA5月号に詳しい内容が記載されています(^^) ぜひご覧下さい!
by fukuigokoku | 2013-04-27 13:24 | 紹介したいこと | Comments(0)