ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

天神講

今日は天神講です(^^)
福井には、1月25日の初天神に、菅原道真公の掛け軸に焼きがれいをお供えする風習があります。
私の実家がある武生では、掛け軸ではなく神像をお飾りし、その前に焼きがれいをお供えしています。

①菅原道真がカレイを好んで食された
②この季節に大柄で脂がのった美味しいかれいがよく捕れる
③庶民に手が届く尾頭付き!
というのが主な理由なんだとか。

何はともあれ、こういう風習や季節ならではの食文化は大事にしていきたいものですね(^^)

f0067122_11220206.jpg

by fukuigokoku | 2014-01-25 11:27 | 紹介したいこと | Comments(0)