ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

月読-TSUKIYOMI- 第三幕 へ向けて2

さて、いよいよ明後日に迫ってきた月読。
今年も昨年同様に、吉田酒造さんの「白龍」を振舞わせていただきます!
重陽の節句は、菊の節句とも言われています。
ということで、今年は菊の花びらを準備させていただきました(^^)
月を見ながらの菊酒。
ぜひ楽しんでください(^^)♪

また、その肴には、中西昆布さんに、昆布の詰め合わせをご奉納いただきました♪

お二方とも、この事業の趣旨にご賛同いただき、ご協力を頂いています♪
吉田酒造さん、中西昆布さん、本当に有難うございます。

満月を眺めながら、美しい朗読や音楽を聴きつつ、美酒「白龍」の菊酒と美味し「子生布(こんぶ)」を頂く。。。
最高ですよね(^^)

f0067122_16202985.jpg
◆吉田酒造さんの「白龍」3種(^^) 

f0067122_16202907.jpg
◆中西昆布さんの昆布(^^)

f0067122_16202958.jpg
◆食用菊の花びらを入れて(^^)

by fukuigokoku | 2014-09-07 16:21 | 祭事・行事 | Comments(0)