ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

春の人形感謝祭

3月21日、春分の日の昨日、午後3時より人形感謝祭を斎行致しました。
春の恒例祭典となったこのお祭り。
今年も3,000体にのぼるお人形さんをお納めを頂きました。

護国さんでは、春分の日にこのお祭りを斎行しています。
元々この日は「春季皇霊祭」の日で、皆さんに親しみやすい言い方をすると、いわゆるお彼岸でご先祖の御霊を供養する日です。
先祖の思い。
親の思い。
お人形さんにはこれらの方々の思いが込められています。
これからもこのお祭りを通して、ご先祖さまや、生かさせて頂いている大きな力への感謝の心を育んで頂きたいですね(^^)

f0067122_12510692.jpg

f0067122_12510737.jpg
◆今年も多くのお人形さんが納められました(^^)

f0067122_12510209.jpg

f0067122_12510327.jpg
◆人形感謝祭が斎行され、お納めいただいたお人形を祓い清めます。

f0067122_12510464.jpg

f0067122_12510576.jpg
◆お持ち頂いた時に、この「人形(ひとがた)」にお精抜きをして頂いています。それを清水に流しいれました。

Commented by あぽろ at 2015-03-28 11:01 x
あぽろです。お久しぶりでございます。
淋しい気持ち、クールな気持ち。
。(・3・)染入る三顧三玲☆
あぽろ、宮司さまにはお礼のこころもち
その意は「こころ」(・3・)御神威?
をかに感じてしまいますね。
大きな力への感謝の心を育んで
今後も「なかとりもち」さまの
ますますのご活躍をと願っております。
!
Commented by fukuigokoku at 2015-04-19 10:58
あぽろさん お久しぶりです。コメント有り難うございます。
コメントに気づかず遅くなりスイマセン(^^; 今後とも宜しくお願い致します!
by fukuigokoku | 2015-03-22 12:53 | 祭事・行事 | Comments(2)