ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

比島戦没者慰霊祭

昨日、比島戦没者慰霊祭が斎行されました。
この慰霊祭は、比島戦没英霊顕彰奉賛会の主催にて、毎年この時期に斎行されているものです。

フィリピン方面で戦死された福井県関係英霊は6485柱にのぼります。
当社にまつられる31993柱の約五分の一にのぼる英霊が、フィリピン方面で亡くなられています。
戦争末期、補給経路を絶たれた比国における戦いは、本当に熾烈を極めたものだったのでしょう。

来年は大東亜戦争終戦七十年にあたります。
福井県神道青年会の会員の皆様と、2月に比国へ渡り慰霊祭を斎行すべく計画を進めています。
このように、英霊に対する慰霊祭を、いつまでもしっかりと続けて行く事こそが、平和への第一歩だと強く信じます。

f0067122_09321240.jpg
◆100名を超える方々にご参拝を頂きました。

f0067122_09321221.jpg
◆九ノ里奉賛会長による祭文奏上

f0067122_09321229.jpg
◆境内に立つ慰霊碑の前で献花を行いました

f0067122_09321243.jpg
◆大正8年お生まれで、ご主人を亡くされた方もお参りになられました

f0067122_09321282.jpg
◆慰霊碑の前には、比国での慰霊祭写真や図面が展示されました

f0067122_09321283.jpg
◆奉賛会役員の皆様の記念撮影です


by fukuigokoku | 2015-10-19 09:37 | 祭事・行事 | Comments(0)