ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

永代御饌講大祭

昨日、毎年恒例の永代御饌講大祭が斎行されました。

この講に入られている方には、毎日斎行される命日祭において、参列がなくても神饌を捧げ英霊のお名前を奏上させて頂いています。
この日は、年に一度の講員さんをお招きしての祭典です。
今から30年ほど前は600人を越える方々のご参拝があり、3日間に亘って斎行していたほどですが、今年は70名ほどの方のお参りでした。
時の移ろいを感じるとともに、そのような状況の中で護国神社の祭儀をしっかりと行えるよう、社頭の充実をはかっていかなければならないと強く思う次第です。

f0067122_11003307.jpg

f0067122_11003328.jpg

by fukuigokoku | 2016-11-26 11:00 | 祭事・行事 | Comments(0)