ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

国家繁栄祈願祭

昭和27年4月28日。
サンフランシスコ講和条約が締結されました。
我が国の主権が回復された、独立記念の日ともいえる日です。

「風さゆる み冬は過ぎて 待ちに待ちし 八重桜咲く 春となりけり」

その際にあたっての昭和天皇の御製です。
その思いのもと、真の独立国家として日本国が世界に尊敬され、その責任を果たしていくためにもこの日を意識する事は大切なことです。
これからも護国さんでは「祈り」を通して、日本人の美しい精神を守っていけるよう末永く続けて参りたいと思います。

f0067122_15155115.jpg
◆今年は、茶道裏千家 清水社中の皆様に、献茶をご奉仕頂きました。凛とした雰囲気に包まれました。やはり茶道は素晴らしいですね!

f0067122_15155062.jpg
◆大前にお供えされたお菓子です。上品かつ可愛いお菓子でした!

f0067122_15154877.jpg
◆宮司による祝詞奏上です。

f0067122_15154903.jpg
◆参列者全員で国歌『君が代』の斉唱と、教育勅語を奉唱いたしました。

f0067122_15155028.jpg
◆祭典終了後、お残りいただけた方でプチお茶席。当社の巫女さんも茶の道を習う必要がありますかねぇ(^^)

by fukuigokoku | 2017-04-28 15:19 | 祭事・行事 | Comments(0)