ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

台風21号被害の復旧作業

先月、大きな被害をもたらした台風21号。
護国神社でもようやく本格的な復旧作業にとりかかります。
なにせ30本以上の木が倒れており、その作業にかかる費用も想像以上の見積もり額。
頭をかかえていたのですが、崇敬会理事の方のご尽力により、当初より大幅に安い価格で作業に入ることができました。

また、倒木だけでは保険金が一切でないということだったのですが、ますらを会に入ってくれている保険屋さんが、その日の朝すぐに駆けつけてくれ、建造物に被害が出ているところを速やかに申請してくれたので、全額とはいきませんでしたが保険金も頂くことができ、本当に有りがたい限りです。
保険屋さんによって、本当に対応がマチマチでした。こういう時に色々とわかるものです。。。

今回、倒木したのはほとんどが杉の木でした。
根が浅く、背が高いので根こそぎ倒れたのですが、隣接する方々にも結構な迷惑をお掛けいたしました。
この復旧作業を通して、向後100年、200年の森づくりに取り組みたいと思っております。

最後になりますが、近隣住民の方には騒音等でご迷惑をおかけ致しますが、しばらくの間、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

f0067122_12151043.jpg

f0067122_12151081.jpg

by fukuigokoku | 2017-11-21 12:15 | 境内の様子 | Comments(0)