ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

北方領土を考える県民のつどい

北方領土をご存知ですか?
北海道は納沙布岬の先に位置する、歴史上たった1度も外国の領土になったことはない、私たち日本の固有の領土です。

終戦直前、ソ連は日本との不戦条約を一方的に破棄し、瀕死の日本に牙を剥きました。

そして終戦直後に北方領土は不法占拠されたのです。それだけではありません。シベリアに多くの日本人が抑留され、想像を絶する厳悪の環境下において過酷な労働を強いられ、34万人と言われる犠牲者を出しています。

このように、終戦前後のソ連の無法的な暴挙を皆さんはご存知ですか?


数日前、貝殻島付近で漁をしていた方々がソ連軍に拿捕され、乗組員が犠牲になるという事件がおきました。
船長さんにあっては択捉島に連行されて裁判にかけられ、ロシア人の弁護士から「罪を認めれば日本へ帰れる」と勧められ、泣く泣く罪を認め賠償金を支払った・・・

この行為も理不尽極まりないですが、この事について何も言えず何も出来ない日本政府にも失望感を覚えます。
誰が私たちを護ってくれるのだろう・・・・ このような不安感があっては美しい国などとても出来ないのではないでしょうか。

私たちはもっと真剣に考え、取り組まなければならないと思います。
福井では、2月2日の13:30から、県国際交流会館で標記の会合が催されます。
私も是非参加したいと思っています。
福井県の皆さん、宜しければぜひ参加しませんか?
f0067122_14473197.jpg

Commented by 藤原 at 2007-01-31 13:27 x
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
管理人様の仰るとおり、本当に誰が我々を護ってくれるんだろう、と思います。私が思うに、あのような憲法を放置してきた我々にも責任があると思います。北海道の漁師さんたちだけの問題ではなく、日本国全体の問題であるという認識が是非必要ではないでしょうか。余談ですが、最近三島由紀夫に凝っておりまして、氏の憲法論.国体論.国防論には、目を瞠らされる思いです。管理人様にも一読をお勧めしたいと思います。
Commented by kei at 2007-02-01 09:28 x
拉致問題の陰に隠れて最近話題に上ることが少なくなった北方領土問題ですが、我々にとっては忘れてはならない問題です。
私も森政権以降のこの問題に対する政府の対応には疑問を持っています。
斜に構えた言い方をすれば政治家は票にならないことは何もしない生き物です。
我々は常に北方領土のことを声高くいい続ける必要があると思います。
Commented by fukuigokoku at 2007-02-01 14:32
藤原さん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

毎年、憂国祭(三島由紀夫が自害された日)を奉仕させて頂いています。
私も先生の考え方等は尊敬に値するものだと思っています。
本の紹介ありがとうございます! ぜひ読んでみます。
Commented by fukuigokoku at 2007-02-01 14:35
keiさんこんにちわ!

政治腐敗は今に始まったことでは無いですが、国の舵取りを任せるには首を傾げざるを得ない方々は案外多いですよね。。。
国会議員の方々には地元に○○の工事を持ってきた! という話しより真摯な姿勢で国の方向性を議論して欲しいものですよね。
by fukuigokoku | 2007-01-30 14:47 | 紹介したいこと | Comments(4)