ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

急流中底之柱 建立!

平成24年。
福井県護国神社は創立70年の佳節を迎えます。

「故郷をおもふ心」~七十年後の桜の木の下で~

この思いのもと、記念大祭をはじめ各種記念事業を執り行います。
皆様、ぜひこの記念すべき年を、改めて英霊への感謝の心を表す年として頂きますようお願い申し上げます。

その記念事業の第一弾が「急流中底之柱」建立事業。
御祭神 橋本左内命が大切にした言の葉を形として表し、福井の子供たちが左内先生のように、揺るぎない強い心を持ってくれるようにとの願いを込めて建立します。

中央に、丸岡町竹田地区の皆様の奉納による県産材の杉。
高さは10.7m! 左内先生の御命日である10月7日にちなみました。
先生の死を大切に受け止めたいとの思いが込められています。

その左右には、「急流中底之柱 即是大丈夫之心」と刻まれた石碑と、「啓発録」が刻まれた石碑を配置します。これらは、福井を代表する書家の吉川壽一先生に揮毫いただきました!

この柱の立柱の儀と、周りに敷き詰める石を置く敷石の儀を下記にて執り行います。
どなた様もご自由にご参加いただけます。
ぜひご参列下さいませ(^^)


◆「急流中底の柱」建立

日時:平成24年4月14日(土)13:00~
日程:13:00  木遣り唄
   13:10  急流中底之柱 お木曳き
   13:30  立柱の儀
   13:50  敷石行事
   14:20  両碑除幕
   14:30  ますらを太鼓奉納 

f0067122_9331090.jpg

by fukuigokoku | 2012-03-27 09:33 | 祭事・行事 | Comments(2)

勧学祭

会員大会に引き続いて、崇敬会が主催する「勧学祭」が斎行されました!

ランドセルや学生カバンを手に多くの子供たちが参列してくれました(^^)
たくさんの子供たちが集うとやっぱり賑やかですね♪

福井の子供たちが、元気に明るく健やかに、そして安全に学んでくれることを祈念いたします!


f0067122_12562353.jpg
□ランドセルや学生カバンをお祓いしました!

f0067122_12572464.jpg
□拝殿に入りきらないほどの多くの方々にご参拝いただきました。皆さんの祈りが大神様に届きますように。。。

f0067122_1258442.jpg
□勧学祭では、「護国さまの七つのちかい」と「啓発録」を元気に唱和します(^^)!

f0067122_12584780.jpg
□祭典終了後は、会館の2Fに移動して、まなび×神社の鎮守の杜の図工教室!現代美術家の角先生によるカラー粘土を使った楽しい工作の時間です(^^)

f0067122_1362135.jpg
□保護者の皆さんも一緒になっての工作の時間! 大人の方が夢中になってました(^^;

f0067122_1384211.jpg
□子供たちの創作能力はすごいですね! 「つくる」ことは「まなび」になりますね♪ 大事です(^^)

f0067122_1395023.jpg
□これ、メッチャ上手い(^^)!
by fukuigokoku | 2012-03-26 13:10 | 祭事・行事 | Comments(0)

崇敬会会員大祭

昨日の25日(日)、護国さんでは朝から行事が目白押しで、大忙しの1日でした(^^)
忙しいのはたくさんのお参りがある証拠。
ありがたいですね♪

先ずは午前中、年に一度の崇敬会の会員大祭が斎行され、引き続いて会員大会が開催されました。
冷たい雨の中ではありましたが、70名の会員の皆様にご参列いただきました。
今年1年の事業計画が満場一致にて承認され、一人でも多く崇敬会会員を増やしていくことが決議されました!

今後の護国神社にとって、崇敬会は本当になくてはならない組織です。
皆さん、崇敬会へのご入会宜しくお願いいたします(^^)

◆福井県護国神社崇敬会

f0067122_12384277.jpg
□先ずは大前において会員大祭が斎行されました!

f0067122_1239973.jpg
□会場を移動しての会員大会。衆議院議員の稲田朋美先生もお越しいただきました(^^)!

f0067122_12394688.jpg
□同じく衆議院議員の山本拓先生も駆けつけてくれました!

f0067122_12401617.jpg
□当社総代をおつとめ頂いている清水さん。ボクシングWBC世界チャンピオンの清水智信選手のお父さんです(^^)。4月4日に行われる世界戦を前に、参加者皆で必勝に向けてのエールを送りました!
これに先立ち、当社大前において必勝祈願を斎行させて頂きました。

f0067122_12422952.jpg
□大会終了後は、直会にて和やかなひと時を過ごしました(^^)
by fukuigokoku | 2012-03-26 12:42 | 祭事・行事 | Comments(0)

f0067122_15101235.jpg

日本会議福井主催の、拉致・特定失踪者問題の全面解決を目指した集会が開催されています。

福井県特定失踪者家族会の澤代表や、家族会の増元事務局長、参議院議員の山谷えり子先生らが登壇されます。

拉致は国家犯罪です。
1日も早い問題解決を願います。
by fukuigokoku | 2012-03-24 15:10 | 旅?(出)先から | Comments(0)

神青協中央研修会

f0067122_12515378.jpg

今日から明日にかけて、福井の地で神道青年全国協議会の中央研修会が開催されます。

主題は「立志」。
講師には、杏林大学名誉教授の田久保忠衛先生。
独立総合研究所代表の青山繁晴先生。
産経新聞東京本社政治部記者の阿比留瑠比先生です。

実り多い研修会としたいと思います(^^)
by fukuigokoku | 2012-03-22 12:51 | 旅?(出)先から | Comments(4)

人形感謝祭

本日、午後3時より人形感謝祭を斎行させていただきました。
お持ちいただいた人形の総数約1,500体。
こんなにお持ちになられると思っていなかったのでビックリです(^^;

当社ではお持ち頂いた際に、「ひとがた」で撫でて頂いているのですが、
その折、「今までありがとうね・・・」と涙を流す人もいらっしゃいました。
やっぱりお人形さんには、それぞれに思い入れがあるんでしょうね。

「こんないい機会をつくって頂き、ありがとうございました。」と仰って
いただけた方もいらっしゃいました。

モノを大切にする心。
これも美しい日本の心ですよね!

f0067122_1633941.jpg
◆雛人形をはじめ、ぬいぐるみやフィギアまで多くのお人形さんをお持ちいただきました。

f0067122_1634184.jpg
◆おさまりきらなかったものは外へ(^^;

f0067122_16343047.jpg
◆祭典では、お人形をおおさめ頂いた皆様の家内安全も祈念いたしました。皆様の家庭の平安を祈念しての「浦安の舞」も奉奏いたしました。

f0067122_16352947.jpg
◆人形を丁寧に祓い清めました。

f0067122_1639673.jpg
◆人形を撫でていただき、感謝の心と人形の魂が込められた「ひとがた」を清水に流します。
by fukuigokoku | 2012-03-20 16:40 | 祭事・行事 | Comments(2)

翌17日は雨も上がり、おだやかな陽射しが差し込んでいました。
キラキラと瀬戸内の海も美しく輝いています。
その上を行き来する大型船やフェリー。
古くから海上の要衝だったんだなぁと思わせる風景がそこにはありました。

f0067122_1001366.jpg
今日は、回天記念碑の前にて、伊58潜水艦に関係する英霊の慰霊祭が斎行されます。この伊58潜水艦は、広島と長崎に落とされた原子力爆弾をテニアンまで運んだ米国の巡洋艦「インディアナポリス」を撃沈させた潜水艦として有名な潜水艦です。
原爆を運んだ巡洋艦を撃沈。これを知ったのは戦後のことだったようですが、一矢報いた思いいかばかりだったことか・・・

f0067122_10522767.jpg

国旗「日の丸」と海軍機がはためいています。

f0067122_10534616.jpg

記念館にはいくつかの石碑が置かれています。これは巨人軍の長嶋終身名誉監督が揮毫された慰霊碑です。「英霊鎮魂」の文字が刻まれていました。

f0067122_10552181.jpg

この碑は森繁久弥さんが揮毫された石碑です。「浮きつ島鼓海を訪ふ」と刻まれています。

f0067122_1058540.jpg

早咲きの桜も咲き始めていました。記念館の周りには、数多くの桜の木が植えられています。4月の満開の頃はさぞ美しいことでしょう。

f0067122_10591635.jpg

戦艦陸奥の大砲でつくられた鎮魂の鐘です。

f0067122_1105247.jpg

伊58潜水艦に少年兵として乗り込んでいた中村さんをはじめ、戦友の皆さんが参列されています。

f0067122_1115034.jpg

慰霊祭は京都の神職さん方がご奉仕をされました。今年はちょうど10度目の慰霊祭だったそうです。伊58潜水艦の館長を務めておられた橋本以行艦長は、戦後、京都の梅宮大社の名誉宮司をおつとめになられた方で、ご子息の宮司さんもこの慰霊祭に参列され、お孫さんの権宮司さんは祭員をつとめられました。

f0067122_1164287.jpg

橋本以行艦長のご子息、梅宮大社宮司の橋本以裕さんです。

f0067122_1174865.jpg

「アイスクリームが食べたい」と話した英霊のために、慰霊祭にはアイスクリームも供えられました。

f0067122_1184886.jpg

帰途についたとき、港から見た発射基地です。
何とも言えない美しさでした。。。


「生かされたものは、亡くなった方の御霊を慰めるのが務めです」
これは東日本大震災で、あるご遺族の方が話されていた言葉です。
国家の為に殉じられた方々に対しても全く一緒なのではないか。そう思いました。

強き志をもって壮絶な戦いに立ち向かった英霊に対し、いつまでも感謝の心と
慰霊安鎮の真心を捧げることは、平和な世の中を生きる私たちの務めです。


◆回天特攻隊HP
http://www2s.biglobe.ne.jp/~k_yasuto/album.htm

◆『原爆に一矢報いた回天多門隊』
- 伊五八潜のあげた奇しき大戦果 元第六艦隊参謀・鳥巣建之助
http://ameblo.jp/donadona98/entry-11054983471.html
↑これは是非皆さんにご覧頂きたい記録です。
by fukuigokoku | 2012-03-20 11:15 | 紹介したいこと | Comments(2)

回天の島を訪ねて vol.1

3月16日。
回天の島。山口県は大津島を訪ねました。

同行者は、富山県護国神社の栂野権禰宜。
大学時代からの親友でもあり、同じ英霊をまつる護国神社の神職としても心が通う友です。

大津島へは、新幹線の徳山駅を降りて、すぐ目の前にある徳山港からフェリーに乗ります。
徳山駅は1時間に1本ほど「のぞみ」も止まります。
沿岸地帯に大きな工場が立ち並ぶ工業地帯という印象を受けました。

f0067122_145111.jpg

若干の弱い雨が落ちる中、フェリー乗り場に向かうと、真っ先に復元された「回天」が目に入ります。

f0067122_146428.jpg

船に乗って30分。大津島に到着すると、「ようこそ回天の島」という大きな看板が私たちを迎えてくれました。普段は多くの釣り人がいるようですが、今日は雨模様ということで人影もほとんど見えません。

f0067122_148638.jpg

先ずは回天記念館を目指そうと歩き出しました。
その道中、慰霊の為の観音様や石碑などが置かれています。また、水仙の花が道端や公園、畑などに咲き誇っているのが印象に残りました。

f0067122_1495490.jpg

今は使われていないこの階段。回天記念館と小学校のグラウンドの間にあります。
昔は「地獄の階段」と呼ばれ、兵士の訓練にも使われていたようです。扉の蝶番は残っていました。

f0067122_1412854.jpg

回天記念館の正面にて。

f0067122_14124578.jpg

正面の門から記念館までの間には、散華された英霊の出身県と御名が刻まれた石が並べられていました。実は回天作戦で亡くなられた英霊の中には、福井県出身者の方はおられません。訓練に参加していた方はいらっしゃいます。

f0067122_14155453.jpg

記念館の前にも回天が飾られています。その横には「回天」と刻まれた記念碑が立てられています。記された字は、回天作戦を血書をもって請願された黒木少佐のものです。

f0067122_14185787.jpg

記念館の中は、史実に基づいたしっかりとした内容の展示となっていました。
ぜひ見るべき記念館です。英霊の遺品はもちろん、なぜ開戦となったか、なぜ回天作成が行われたか、回天作成に従事した英霊たちの思いなど、心打たれる展示内容でした。

f0067122_14203487.jpg

記念館を後にして、回天発射基地に向かいました。
道中はコンクリートのトンネルで繋がっています。
正直、怖いです。。。一人では行けたかどうか。。。
工場で整備された回天を運ぶためにトロッコが用いられていたようで、その後が残っていました。

f0067122_14225156.jpg

トンネルの中央部には昔を偲ぶ写真が飾られています。
ある場所を通過したら、突然、音声でのアナウンスが入ります。
本当にビックリしました。。。一人じゃなくて良かった。。。

f0067122_14253953.jpg

少し離れたところから発射基地を臨みました。
奥に見えているのは野島です。


発射基地の先端に立ち、二人で慰霊鎮魂の念を込めて、大祓詞を奏上いたしました。
奏上の間、痛いくらいの冷たい風が頬を打ちました。
回天に乗り込み真っ暗の闇の中で、ただひたすらに国を憂いて敵艦に向かった英霊の、研ぎ澄まされた激昂に触れたような気がします。

「国家存亡の秋、じっとしていられないのです」
「晴れの日は、何日後、何年後かに来るかしれない。しかし必ず来る」
記念館に記された英霊の言の葉。

この作戦を志願した英霊の思いを、私たちは決して忘れてはならないと思います。
by fukuigokoku | 2012-03-18 14:33 | 紹介したいこと | Comments(4)

人形感謝祭に向けて

20日に斎行される人形感謝祭に向けて、お人形さんの奉納が続いています(^^)
この時期だからか、雛人形が多く見られますね。

感謝の気持ちを込めて、「ひとがた」で人形を撫でて頂いていますが、その時の皆さんの表情は我が子を撫でているようです。大事にされてきたのでしょうね(^^)

3月20日の15:00祭典斎行となりますので、お人形さんをお持ちになりたい方は、ぜひそれまでにお持ち下さいませ!

f0067122_13273699.jpg
◆寄せられたお人形さんたち。順次、拝殿に並べさせて頂いています。

f0067122_13282265.jpg
◆感謝の心で撫でていただいた「ひとがた」は、当日の祭典中に清水に流していただきます。
※画像は昨年の「夏越の大祓式」のときのものです。
by fukuigokoku | 2012-03-18 13:29 | 祭事・行事 | Comments(2)

回天発射基地

f0067122_1603316.jpg

山口県大津島の回天記念館と、回天発射基地を訪ねました。

詳しくは帰社した後に記したいと思います。

富山県護国神社の栂野君と二人。
発射基地から海に向かって、大祓詞を奏上致しました。

御霊安らかに…
by fukuigokoku | 2012-03-16 16:00 | 旅?(出)先から | Comments(0)