ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

神社庁錬成行事助彦

この度、8月1日付けにて、福井県神社庁錬成行事助彦の委嘱を受けました。

錬成行事とは、禊(みそぎ)と鎮魂行法のことです。
この禊と鎮魂行法を繰り返してこそ、神職としての心持ちが整うのだと思います。
助彦とは、錬成行事を指導する「道彦」の補佐役です。
福井県の道彦は、木田神社の金岡宮司さんです。

これからも、道彦である金岡宮司さんのご指導のもと、自分自身を磨きながら良き指導者になれるよう、今まで以上に務めて参りたいと思います(^^)
皆さん、禊を行いたかったら、いつでもご相談下さい♪

f0067122_16590345.jpg

by fukuigokoku | 2014-08-11 17:00 | 紹介したいこと | Comments(0)