ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

御扉金具

終戦70年の記念事業で、御扉を設置することになりました。
昭和23年の福井大震災で本殿が全壊してより御扉が無い状態でしたが、昨年斎行された第62回神宮式年遷宮の古材を賜れることもあり、終戦70年の節目の年に設置するべく準備を進めています。

今日は、その工事を担っていただく、日の丸屋さんに出向き、かざり金具の金箔押しを見学&体験させて頂きました。
初体験です(^^)
漆の香りが満ちた作業場で、職人さんの速やかな手の動きに感動しながら、恐る恐る箔押しをさせていただきました。
ご奉仕する御社の御扉の金箔押しをさせて頂ける。
こんな機会に恵まれた私は本当に幸せものだと思います。
日の丸屋さん、有り難うございました!
そして、設置工事にいたるまで宜しくお願い致します(^^)

日の丸屋

f0067122_17304952.jpg
◆漆塗りの塗師 細川くん! 福井JCで共に副委員長をした仲間です(^^) 次代を担う職人ですよ!!

f0067122_17304923.jpg
◆見事な手さばきで金箔を押していきます! 繊細な作業でした(^^)

f0067122_17304869.jpg
◆私も体験をさせて頂きました。何より驚いたのは金箔の薄さ!これが薄いほどいいんですって(^^) まぁ難しかったですよ。。。

f0067122_17304970.jpg
◆私が押した後。やっぱり職人のようには行きませんでした(^^; ここから先は職人さんにお任せいたします!

by fukuigokoku | 2015-03-03 17:39 | 紹介したいこと | Comments(0)