ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

桜の斎庭

終戦70年記念事業の1つ目を実施させて頂きました(^^)
桜の斎庭の整備です!
「靖国・護国の桜の下で会おう」と数多くの英霊が散華されました。
ですので、靖国神社と護国神社には桜が多く植えられています。
此度の事業は、50~100年後にも護国さんの境内が美しい桜で溢れているように。。。。との思いを込めて実施させて頂いたものです。

今回のこの事業に際し、本当に有難いお話を頂戴しました。
何と我が国を代表する桜の名所 平安神宮様の『八重紅枝垂れ桜』を頂戴することができました(^^)!
大変あつかましいお願いであったにも関わらず、九條宮司様をはじめ神職の皆さんに、終戦70年という大きな節目であるということと、私が旧職員であるとのよしみで特別なご配慮を頂きました。
本当に有り難うございます!!

平安神宮の紅しだれは、谷崎潤一郎の「細雪」にも登場するほど、歴史があり美しい桜です。
護国の英霊もさぞ楽しみにされていることでしょう(^^)
この先、護国神社にお参り頂く皆さまにも楽しんで頂けると思います。
お参りの際には、ぜひ「早く大きく美しくな~れ」とお気持ちをお寄せ下さいm(_ _)m

平安神宮の桜 http://www.heianjingu.or.jp/index.html

f0067122_15251397.jpg
■植樹の前に桜の苗のお祓いです。

f0067122_15251315.jpg
■枯れないようしっかりと対応いただきました!

f0067122_15251309.jpg

f0067122_15251322.jpg
■参拝者の目につくような場所に植えさせて頂きました(^^) 大きくなったら美しいでしょうね!

f0067122_15251382.jpg
■併せて、ソメイヨシノの苗木も植えました。皆さんが桜を楽しんでもらえるような境内に整備して参ります!

by fukuigokoku | 2015-03-24 15:28 | 境内の様子 | Comments(0)