ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

北方領土の視察です

f0067122_1010439.jpg

神職の青年会で『北方領土返還の碑』の清掃奉仕のため、ノサップ岬に来ました。
霧のため、北方領土を目にする事は出来ませんでしたが、領土問題を身近に抱える地域と、普段の私たちとの認識の違いを実感しました。

やはり、もっと真剣に考えないと… そう思いました。

しかし、ノサップ岬は哀愁がありますね。汽笛やカモメの鳴き声を聞いていると、演歌を口ずさんじゃいそうです。

早く日本に返せ!!との皆の思いが詰まった岬でした。
Commented by 藤原 at 2006-06-23 12:48 x
まったく管理人様のおっしゃるとおりです。
最近は竹島、尖閣諸島の陰に隠れてしまった感のある北方領土ですが、
わが国固有の領土であることに変わりはありません。むしろロシアなどは、風化するのを待っているようにさえ思います。戦後60年もかけて、領土も守れないような情けない国にされてしまったのか.....。英霊の嘆きはいかばかりのものであろうか、と慨嘆せざるを得ません。一日も早い返還を祈るばかりです。
by fukuigokoku | 2006-06-22 10:10 | 旅?(出)先から | Comments(1)