ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

霊璽簿奉安殿

明治維新一五〇年記念事業で、霊璽簿奉安殿を新たにつくらせて頂き、昨夜、記念大祭を前に霊璽簿を御移しする奉告祭を斎行致しました。
昭和23年の福井大震災により社殿が全壊し、その復興以来、御神体とともに納められていました。
此度、明治維新一五〇年という大きな佳節を機に、本来のかたちに戻すべく事業を行わせて頂きました。
福井県護国神社が、福井県の平和の神をまつる神社として、いつまでも大切にされるようにこれからも取り組んで参ります。

f0067122_10262842.jpg

by fukuigokoku | 2018-04-12 10:27 | 祭事・行事 | Comments(0)