ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

春季例祭 併せ 明治維新一五〇年記念大祭

本日、平成30年度春季例祭に併せ明治維新一五〇年記念大祭を斎行致しました。
青空が広がる大変穏やかな天候の中での祭典となりました。
本年も神社本庁の献幣使として、福井県神社庁長・木田神社 宮司 金岡正和様にご参向を頂きました。
ご奉仕頂いた神職の皆様、伶人の皆様、責任役員をはじめとするご参列頂いた皆様、本日は本当に有難うございました(^^)

神賑行事として、明後日に斎行予定の稚児行列ですが降水確率100%・・・
ただいま雨儀(雨仕様)での斎行の準備を進めております。
明日には詳細をご報告できるかと思います。
ご参加予定の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

f0067122_16513510.jpg
◆祓所での修祓

f0067122_16513666.jpg
◆残念ながら桜は散り葉桜でしたが、GTIプロジェクトのチューリップの中を参進いたしました。

f0067122_16513674.jpg
◆献幣使は福井県神社庁 庁長 金岡正和様におつとめ頂きました。

f0067122_16513573.jpg
◆開扉。宮司にかわり私が行わせて頂きました。

f0067122_16513587.jpg
◆神社本庁からの幣帛と、全国護国神社会からの玉串料を大前にお供え致しました。

f0067122_16545680.jpg
◆献幣使 祭詞奏上

f0067122_16545615.jpg
◆神楽『みたま慰めの舞』奉奏

f0067122_16545699.jpg
◆ご参列頂いた衆議院議員 山本拓先生にご挨拶を頂きました。

f0067122_16545719.jpg
◆献水碑にて献水。

f0067122_16545633.jpg
◆ご奉仕頂いた神職、献幣使をはじめ役員や議員の皆様と記念撮影。


by fukuigokoku | 2018-04-13 16:57 | 祭事・行事 | Comments(0)