ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

橋本左内先生160回忌 橋本左内と明治維新

去る平成30年5月27日に開催された、「橋本左内先生160回忌 橋本左内と明治維新」と題されたシンポジウムに参加させて頂きました。
今回は、藤島高校OB有志の方々で組織されたSANAI PROJECTさんと、福井あすわ歴史道場さんの共催で、会場となった福井駅前のハピリンホールに満席の300人を超える来場者の方々が集われました。
やっぱり左内先生は人気です(^^)

今回、基調講演を行われたのは、東京大学名誉教授の三谷 博先生。
三谷先生は左内先生を以前からとても高く評価され、研究をされていた方です。
その三谷先生を、漫画『橋本左内』の原作者で、SANAI PROJECTの東山さんがお知りになり、どうしても福井で講演を!という熱い思いでお招きをされました。
講演では左内先生が書いた村田氏寿宛ての書簡を紹介され、あの頃に活躍されていた誰よりも大局的な見地を持った方であったとまとめられました。

続いて第二部のパネルディスカッションでは、SANAI PROJECTの東山さんがコーディネーターをお務めになり、パネラーとして三谷先生、福井市郷土歴史博物の角鹿館長、福井あすわ歴史道場の松下会長、そして不肖私で「橋本左内先生から今何を学ぶか」をテーマに意見が交わされました。
博学の方々に囲まれて、久しぶりに本当に緊張したのですが、参加した私が本当に学ぶところの多い良いシンポジウムだったと思います(^^)

これからも微力ではありますが、皆さんと力を合わせ、橋本左内先生の御事跡を学びつつ、先生の「大丈夫之心」を一人でも多くの方に触れて頂けるよう務めて参りたいと思います!

f0067122_17041164.jpg

f0067122_17041153.jpg
◆シンポジウムの様子です。小学校や中学校での講話などの話しをさせて頂きました。

f0067122_17041148.jpg
◆今回の事業の中核を担われた皆様と記念撮影(^^) 左内先生の菩提所である妙経寺の児玉住職さんともご縁を頂きました!同じ宗教者としても中身の濃いお話しが出来ました(^^)


by fukuigokoku | 2018-05-31 17:08 | 紹介したいこと | Comments(0)