ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

月読ーTSUKIYOMI-第八幕に向けて

月読ーTSUKIYOMI-第八幕。
月YOGAの両日とも、お天気は良さそうです!
美しいお月様が眺められることでしょう(^^)

今年の朗読、先ずは『万葉集』。
令和の出典となったことで、全国民が改めてその存在に注目しました!
天皇をはじめ、防人や農民に至る迄の様々な身分の作者が詠んだ歌。

「越の海の 角鹿の浜ゆ 大船に 真梶貫き下ろし いさなとり・・・」
その中には、越前若狭に関するものも存在します。
今回は、それらの歌や、令和誕生につながる歌などをお読み致します!

美しい月夜に、美味しい神酒と肴を愛でながら、我が国の悠久の歴史にお触れ下さい(^^)

f0067122_13203878.jpg




by fukuigokoku | 2019-09-11 13:21 | 祭事・行事 | Comments(0)