ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

大寒願かけ

昨日、第7回目となる「大寒願かけ」が斎行されました。

今年は『最悪の寒中禊日和』と思わず口にしてしまうほど良い天気(^^;
簸川神社から駆けて来られた皆さんからは、「汗をかきそうだった」との声も聞かれたほど。
禊場の水もさほど冷たくはありませんでした。
今年はほとんどのお社で斎行される「左義長」を第3日曜に合わせて頂き、各社で地区の方々があたたかく出迎えてくれ、甘酒やお神酒などを振る舞って頂けたようです!願かけに参加された方、各神社の総代さんをはじめとする氏子の皆さん、沿道で声援をかけてくれた方、直会の準備をしてくれた皆さん、交通整理をしてくれた方々、準備や片付けのご奉仕を頂いた方など、全ての皆様の力でこの行事が成り立っています(^^)
皆さんの祈りが神々に届き、今年1年も幸せな年になるよう祈ります。

◆大寒願かけ趣旨
松本地区には、福井城の鬼門を守る社として鎮座した簸川神社と、その建立に「福井の北の鎮護」の祈りが込められた、県内唯一の福井県護国神社が鎮座しています。
そして、それぞれの地区で氏神さまを大切におまつりし、神社を心の拠り所としたあたたかいコミュニティがあります。
その簸川神社をスタート、護国神社をゴールとした全7社を、「願かけ男」「願かけ女」が地区内の方々が願いを込めた「願い布」を巻きつけて駆け抜けます。
最後に、地区の方々から託された「願」を背負い、寒中で禊をし祈りを捧げます。
参加者はもちろん、地域の方々が一体となる松本地区らしい行事です。

大寒願かけ_f0067122_14571755.jpg

大寒願かけ_f0067122_14571799.jpg
■鳥船行事も皆さん余裕の表情w

大寒願かけ_f0067122_14571795.jpg

大寒願かけ_f0067122_14571752.jpg
■水のかぶり方も最初から思いっきり・・w

大寒願かけ_f0067122_14582918.jpg

大寒願かけ_f0067122_14582912.jpg
■後段の鳥船行事も笑顔が溢れていました(^^)

大寒願かけ_f0067122_15004389.jpg
■終わった後も(^^)

大寒願かけ_f0067122_15005892.jpg

大寒願かけ_f0067122_15005879.jpg

大寒願かけ_f0067122_15005838.jpg
■直会も(^^)

by fukuigokoku | 2020-01-20 15:03 | 祭事・行事 | Comments(0)