ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

美しいものから・・・移り変わり

私たちの目を楽しませてくれていた桜も、いまやこの姿。。。
なんとなく寂しさを覚えます。。。
美しいものから・・・移り変わり_f0067122_11303990.jpg



ふと生まれ変わりを思いました。


木々は違う姿に生まれ変われますよね。
福井の中心部を流れる足羽川の堤防を彩っていた桜並木。
堤防の強化に伴い伐採されたのを受け、「さくらのお箸」に生まれ変わりました。
見事にふくい人の思いが込められた姿に生まれ変わったと思います。


また、平成25年に斎行される伊勢神宮の式年遷宮。
これも見事なまでの木々の生まれ変わりだと思います。
御用材として切り出された木々は、永年にわたり神様のお住いとして、私たちの心の安らぎの場所であり続けるのですから・・・・


老いて朽ちていくよりもこのように生まれ変われることの方がステキなことなのかもしれませんね。
さて、桜の塩漬けでも入れて、お茶でもすすろうか・・・
Commented by 木霊 at 2008-04-22 12:49 x
伐採された木もいろいろな用途に使用されて生まれ変わりをしますが、切られた木も生まれ変わりを行います。切り株に落ちた新しい種は、その株の吸水ネットワークを活用してどんどん大きくなるそうです。いわばおじいちゃんが孫を育てるような・・・。
神宮の木本祭だったか、御杣始祭だったかで、切り株に切った木の梢を合わせる儀式をおこなうのはそういう意味合いだとか聞いたことがあります。
伐採した森林も植林を行うことで再生されることから、木は長いスパンでのリサイクル素材として注目されつつあります。
使い捨て文化の象徴として捉えられる割り箸ももともとは捨てられてしまう端材の活用からはじまりました。最近では使用済みの割り箸をリサイクルすることも考えられているようです。
Commented by fukuigokoku at 2008-04-22 17:54
木霊さん、こんにちわ!
へぇ~なるほど! 英知ですねぇ♪
by fukuigokoku | 2008-04-22 11:44 | 境内の様子 | Comments(2)