ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

カテゴリ:紹介したいこと( 448 )

自衛官候補生の募集

近年、頻発している自然大災害において、昼夜を問わず尽力されている自衛隊の方々。
また、領空・領海侵犯などの挑発行為にも迅速に対応されるなど、その存在あってこそ我が国の安全は保たれています。

そのような出動機会の増加や、昨今の働き手不足の影響もあり、自衛官候補生の定員が目標に達していないらしいのです。
受験年齢を33歳までに引き上げたり、女性陸上自衛官の採用者数を増やしたりと、様々な工夫と努力を重ねられています。

ご本人様のみならず、お知り合いの方でも希望される方や興味がある方がいらっしゃっればお声かけをお願いします!

◆自衛官候補生の今年度試験日程
・平成30年12月1日(土)
・平成31年1月20日(日)
・平成31年2月16日(土)
f0067122_10000218.jpg

f0067122_10000250.jpg

by fukuigokoku | 2018-11-17 10:03 | 紹介したいこと | Comments(0)

御守 贈答用のおつつみ

この度、ご要望におこたえして御守贈答用のおつつみをご用意しました!
御守をお受けいただく方から、「渡す際の特別な袋は無いですか?」とのご要望が多かったことから、頒布させて頂くことと致しました。

現在は、「有難う」と書かれたもののみの頒布となりますが、今後種類を増やして行く事も検討しております(^^)
「有難う」の対義語は「当り前」。
「有る」ことの難しさに感謝の心を表した言の葉が「ありがとう」ですよね。
祈りの心とこの言の葉で、大切な人に感謝の気持ちを表してください(^^)

初穂料 200円

f0067122_09250228.jpg
◆母の日まいり で用いていたものをリメイクしました(^^) 護国神社ではこの水玉模様を大切にしています!


by fukuigokoku | 2018-11-11 09:25 | 紹介したいこと | Comments(0)

水玉はんかち

この度、崇敬会、遺族会をはじめとする皆様方からの御志納により、昨年の台風21号による被害からの復興事業を無事に竣工することが出来ました!
改めて心より感謝を申し上げますm(_ _)m
今事業で参拝者用の駐車場が50台増えました!
これを平成31年お正月より本格的に活用させて頂きたいと思っております。
初詣の際にぜひご利用下さい(^^)

その復興事業に御志納を頂いた皆さまへの御礼の品として、「水玉はんかち」を奉製致しました。
この水玉模様は、主君と母親と左内との絆の深さを表す模様だと思っています(下記参照)。
当社に対し、深いご崇敬を頂いた皆さまに、心からの感謝を表そうと奉製に到った次第です。
皆さまのお力添えを頂きながら、これからも護国神社を永久に護持して参りたいと存じます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます! 拝


◆水玉模様の説明
橋本左内先生が安政の大獄により囚われの身であったとき、
藩主 松平春嶽より「麝香」を賜りました。
左内先生は、それを「もったいない」とし、封を開けずに母に贈ります。
囚われの身となり母に心配を掛けていたからでありましょう。
ですが、母 梅尾は左内先生から届いた「麝香」の封を開けず、後に処刑された左内先生の形見として後生大事にとっておかれました。
普段、左内先生に対して大変厳しい母でしたが、このエピソードから深い親子愛を感じます。
この春嶽から左内、そして梅尾に贈られた「麝香」が包まれていた和紙が水玉模様でした。
護国神社では「水玉模様」をこの深い絆のシンボルとして、御守等に用いさせて頂いております。

f0067122_17061854.jpg


by fukuigokoku | 2018-10-27 17:06 | 紹介したいこと | Comments(0)

明道中学校

明道中学校。
越前福井藩の藩校 明道館から名前を頂いた中学校で、護国神社から一番近く私も通わせて頂いた中学校です(^^)
毎年、オリジナリティ溢れる活気ある学校行事を行っていますが、今年は生徒会が中心になり「開かれた学校を目指そう!」と目標を掲げ頑張っている様子。
今日、そのPRの一環として「明道新聞」を届けてくれました(^^)
みたま祭など、参拝者の方の目に付くところに貼らせていただきます。
以下の行事にはどなた様も参加できるらしいので、ぜひ皆さんもご参加下さい!

◆サマーコンサート
日時:平成30年8月19日(日) 16:00開演
場所:福井市文化会館(※お間違いの無い様に)

◆体育祭
日時:平成30年9月1日(土) ※雨天の場合3日
場所:明道中学校校庭

◆文化祭
日時:平成30年9月2日(日)
場所:明道中学校体育館

f0067122_14113034.jpg

f0067122_14113041.jpg

by fukuigokoku | 2018-07-30 14:11 | 紹介したいこと | Comments(0)

大相撲 名古屋場所

先日、大相撲名古屋場所に行って参りました!
泣き相撲のお手伝いを頂いている、二所ノ関部屋の力士の応援のために、ここ近年毎年応援に行っています(^^)
今場所は3横綱1大関をはじめ7力士が休場という状況ですが、やはり本場所は迫力が違います!
力強い取組みが何番もありました!
やっぱり大相撲は面白いですよね(^^)

f0067122_10050901.jpg
◆松鳳山関!この日は大関との一戦で惜しくも負けてしまいました。。。

f0067122_10050951.jpg
◆遠藤関は大人気ですね(^^)

f0067122_10030797.jpg
◆この幟旗いいですよねぇ

f0067122_10050959.jpg
◆場所終了後に、湊川親方と一緒にひつまぶしを頂きました!このお店美味しいですよ(^^)

f0067122_10030794.jpg

by fukuigokoku | 2018-07-21 10:07 | 紹介したいこと | Comments(0)

去る平成30年5月27日に開催された、「橋本左内先生160回忌 橋本左内と明治維新」と題されたシンポジウムに参加させて頂きました。
今回は、藤島高校OB有志の方々で組織されたSANAI PROJECTさんと、福井あすわ歴史道場さんの共催で、会場となった福井駅前のハピリンホールに満席の300人を超える来場者の方々が集われました。
やっぱり左内先生は人気です(^^)

今回、基調講演を行われたのは、東京大学名誉教授の三谷 博先生。
三谷先生は左内先生を以前からとても高く評価され、研究をされていた方です。
その三谷先生を、漫画『橋本左内』の原作者で、SANAI PROJECTの東山さんがお知りになり、どうしても福井で講演を!という熱い思いでお招きをされました。
講演では左内先生が書いた村田氏寿宛ての書簡を紹介され、あの頃に活躍されていた誰よりも大局的な見地を持った方であったとまとめられました。

続いて第二部のパネルディスカッションでは、SANAI PROJECTの東山さんがコーディネーターをお務めになり、パネラーとして三谷先生、福井市郷土歴史博物の角鹿館長、福井あすわ歴史道場の松下会長、そして不肖私で「橋本左内先生から今何を学ぶか」をテーマに意見が交わされました。
博学の方々に囲まれて、久しぶりに本当に緊張したのですが、参加した私が本当に学ぶところの多い良いシンポジウムだったと思います(^^)

これからも微力ではありますが、皆さんと力を合わせ、橋本左内先生の御事跡を学びつつ、先生の「大丈夫之心」を一人でも多くの方に触れて頂けるよう務めて参りたいと思います!

f0067122_17041164.jpg

f0067122_17041153.jpg
◆シンポジウムの様子です。小学校や中学校での講話などの話しをさせて頂きました。

f0067122_17041148.jpg
◆今回の事業の中核を担われた皆様と記念撮影(^^) 左内先生の菩提所である妙経寺の児玉住職さんともご縁を頂きました!同じ宗教者としても中身の濃いお話しが出来ました(^^)


by fukuigokoku | 2018-05-31 17:08 | 紹介したいこと | Comments(0)

ひな祭り神事

福井は今日も晴れ(^^)
やっぱり晴れると気持ちがいいですね。
一昨日から少しづつ境内駐車場の雪山を崩しているのですが、いつになったら溶けることやら・・・(^^;

さて、この度、福井県女子神職会の主催による「ひな祭り神事」が斎行されます。
これは、女性が活き活きと美しい人生を送っていただけるように!との願いをこめ、毎年斎行されているものです。
今年も下記にて、佐佳枝廼社さんで斎行されます。
当社の権禰宜(私の奥さん)も祭員としてご奉仕させて頂きます(^^)
どなたでもご自由にご参列頂けます。女性の皆様、ぜひご参列ください!

◆ひな祭り神事
日時:平成30年3月3日(土)15:00~
場所:佐佳枝廼社(福井市大手3-12-3)
主催:福井県女子神職会
おさがり:ご参列をいただいた皆様に、「女子力守」と撤下品が授与されます

f0067122_09504702.jpg
◆これまでの祭典の様子(佐佳枝廼社ホームページより)

by fukuigokoku | 2018-02-27 09:51 | 紹介したいこと | Comments(0)

本日、宝永小学校開校130年の記念行事として、子供達の前でお話しをさせて頂きました!

内容は「松平春嶽公と橋本左内先生から学ぶ大事な考え方」。
1年生から6年生までの全校児童を前にしての話しなので、対象をどこに合わせればよいか、とても難しく感じましたが、何とか話しきる事ができました(^^;

宝永小学校は、創立時の名を「原泉小学校」といいます。
これは、松平春嶽公が、孟子の「原泉混々不舎晝夜(げんせんこんこんちゅうやをとわず) 盈科而後進放乎四海(あなにみちてしかるのちにすすみしかいにいたる)」からその名をつけられており、春嶽公の子供達に対する熱い思いを感じ取ることが出来ます。

そんな歴史のある宝永小学校。
これからも、ここで学ぶ子供達には、誇りと元気をもって健やかに大きく育って欲しいですね!
最後になりますが、この行事を企画され、不肖私のようなものに機会を頂いたPTA関係者の皆様に、心からの敬意と感謝を申し上げます。
ありがとうございました(^^)

f0067122_17162433.jpg
◆みんな熱心に聴いてくれました。

by fukuigokoku | 2017-11-21 17:17 | 紹介したいこと | Comments(0)

第3回 親守詩福井大会

昨日、第3回目となる親守詩(おやもりうた)福井大会が開催されました。
毎年、護国神社で開催されている「五色百人一首福井大会」を主催されている、TOSS福井の皆様がこの大会も主催されています。
親守詩は、子供が親に感謝の言葉を贈るもので、5・7・5の定型詩と、子供が5・7・5をつくり、親が7・7で返す連歌があります。
今年は定型詩に1813句、連歌に1653句の応募があったそうで、年々広がりを見せています。

護国神社ではその趣旨に賛同し、今年から「福井県護国神社賞」を提供させていただきました(^^)
家族の絆、親子の絆はやっぱり大切です。
これからも、そのような事業には協力をさせて頂きたいと思います(^^)

入賞者の皆様、おめでとうございました!
TOSSの先生方、本当にお疲れ様でした!

◆福井県護国神社賞 定型詩の部
 ハグしてね おちつくいばしょ ははのむね
       芦原小学校2年 伊藤悠樹くん

◆福井県護国神社賞 連歌の部
 父のわざ まねするぼくは 父そっくり
      似てきて嬉し 父超えてゆけ
       成器西小学校4年 玉木大心くん

f0067122_11415109.jpg
◆特別賞に入った作品の発表

f0067122_11415159.jpg
◆表彰式が始まる前

f0067122_11415284.jpg
◆表彰式の前に、先生による命の大切さの読み聞かせとお話しがありました。この手の話しは何となくイヤなイメージのものもあるのですが、さすがTOSSの先生方がお話される内容は素晴らしいお話しでした!

f0067122_11415163.jpg

by fukuigokoku | 2017-11-06 11:43 | 紹介したいこと | Comments(0)

忠魂不滅

福井市にお住まいの滝元様から、靖国神社 元宮司 松平永芳様の書をご奉納頂きました。
昭和59年に書かれたもので、凛とした大変素晴らしい書です。
永年にわたり大切に掲げさせて頂きたいと存じます。
ご奉納誠に有り難うございました。

f0067122_12325940.jpg

by fukuigokoku | 2017-10-22 12:33 | 紹介したいこと | Comments(0)