ブログトップ | ログイン

“なかとりもち” として

建前でした

今日、友人の家の建前だということで、お祝いを持っていきました。

ついこの間、地鎮祭をさせて頂いたばかりだと思っていたら・・・
立派な家の骨格が出来つつありました。

新しい家を建てるって良いですよねー
友人も、壁はこうして、内装はこうで・・・と色々模索しているようでした。
面倒くさいと言いつつも、楽しそうでしたよ(^.^)


一緒に行った、建築会社に勤める友人の話しでは、昔の建前は
大工さんから関係者みんながお酒を飲んで、それはそれは
賑やかだったらしいですね。

ただ、最近はそれによる事故や、飲酒運転の法令強化といった事情で、
その後に仕事がある方や、運転しなければならない方々は、お酒を
飲まないんですよね。

もちろん、何か事故や事件があってからでは遅いので、当然といえば
当然ですが、「何か寂しいのぉ」と言っていた高齢者の方の言葉も
解らなくはないですよね。

難しいなぁ・・・
# by fukuigokoku | 2006-04-24 14:19 | 紹介したいこと | Comments(0)

のほほん・・・

確かこの言葉を座右の銘にしていた方がいたような・・・(^_^;)

でも今朝はこの言葉がまさにピッタリ!
暑くもなく寒くもなく、ぼーっとしていたい穏やかな気候です。

朝一番に、坂井市で地鎮祭があったのですが、
とても気持ちよく奉仕できました。

あ、でも坂井市では市長と市議会議員選挙の真っ最中。
市長選は1対1。市議選は30名の定員に45名の立候補・・・
地鎮祭の最中にも、何台も選挙カーの往来がありました。
大変そうだ・・・

ただ、自分達の市(まち)のリーダーを決める大事な選挙ですもんね。
皆さん、是非選挙には行って下さいね!
# by fukuigokoku | 2006-04-22 09:14 | 境内の様子 | Comments(0)

領土

マスコミでは「竹島」の話題で賑わっていますね。
この「竹島」は、私達日本人が無理やり手にいれた領土ではなく、国際法上でも日本の領土だと認められている「竹島」に、武力をもって支配し続けてきたのは韓国です。

しかし、残念ながらその不当な武力支配に、何の措置もとってこなかった日本にも否はあると思います。

中韓に対して特に弱腰ですからね。日本は。

ご存知ですか?
昭和27年当時の韓国大統領 李承晩大統領が、一方的に漁船の立ち入り禁止を宣言した「李承晩ライン」より韓国側に「竹島」が含まれていました。それを根拠に韓国は「竹島(韓国では独島)は韓国の領土だ」と言うようになった・・・
このラインの制定は、表向きは海洋資源保護と言われていますが、「竹島」の領有こそが目的だったとされています。

それ以降、我が国の抗議を全く無視し、日韓基本条約と日韓漁業協定が調印されるまで13年間の間に、328隻の漁船が拿捕され、抑留者は3,929人、死傷者は44人も出ているんです。韓国警備船の発砲により亡くなった方も・・・・(産経新聞より)

国家のレベルで考えると規模が大きすぎてピンと来ないかもしれませんが、自分の家で考えてみましょうよ。
もしあなたが所有する飛び地の地面が、何者かによって不当に支配されたら・・・・
「どいて下さい」と口でお願いしても、一向にどこうとしなかったら・・・
指を加えてそれを見ていますか?
その土地をその人にあげますか?

北方領土・尖閣諸島・・・ 日本には「竹島」以外にも不当に占拠されている領土、そうなりそうな領土があります。

私達のご先祖様が懸命に護り伝えてきた領土です。
懸命に護りましょうよ!!

fukuigokoku.jp
# by fukuigokoku | 2006-04-21 10:22 | 思うところ | Comments(0)

何だか怖ごわしいタイトルですが・・・・
このページのライフログに紹介させて頂いている本をご覧になられた方はいらっしゃるでしょうか?

近現代における世界の情勢、また20年後の世界のパワーバランスがどのようになっているのか、日本では教わることの出来ない地政学的観点や、軍事費などのデータに基づいて、解り易く記されています。


この本を読み、正直寒気がしました・・・


何故、中国は、靖国や教科書で内政干渉をしてくるのか、
また、チベットを侵略し、今まさに台湾を手中におさめようとする理由は?
はたまた東シナ海の海底図をせっせと作成している理由とは・・・

この本を見て中国に対し、脅威を覚えない人はいないと思います。
必見です!


中国から日本に向けて核ミサイルが発射されたとき・・・・
日米同盟を結んでいる米国は果たして、日本を護ってくれるのか・・・・

是非読んでみて下さい!


(この筆者は、参議院議員 山谷えり子先生の弟さんです。)
# by fukuigokoku | 2006-04-18 16:01 | 紹介したいこと | Comments(0)

ようこそ!

f0067122_1795426.jpg
藤島高校の3年生の2クラスが、ホームルームの時間にお花見に来られました!
「さくらが綺麗だったので(^.^)」とのことでした。

先日は生徒さんだけでも来られていましたが、クラスのみんなが揃ってお花見するってのも良いものですよねー♪
学校に桜はあっても、学校の外に出て全員で花見をする機会ってそうないですもんね。
イキな先生で羨ましいです!

左内先生をはじめ、大神様の御加護を頂かれ、受験後にもみんなに満開のサクラがサクことを心より乞い願います。

fukuigokoku.jp
# by fukuigokoku | 2006-04-15 10:18 | 境内の様子 | Comments(0)

無事に斎行されました!

13日、心配された雨も降らず、100名を越す参列者を迎えて厳粛に春季例祭が斎行されました。

自分では「てるてる坊主」は作りませんでしたが、お天気を祈っていますとのメールを送って下さった方もいて、皆さんの「想い」のお陰で無事納められたのだなと思っています。
有難うございました(^.^)

今回初めて、地元小学校に通う子供たちに『みたま慰の舞』を舞っていただきました。
緊張した面持ちでしたが、とても上手に舞ってくれました。
神様もさぞお喜びのことでしょう。

新しい事や改革うも大切ですが、毎年変わらず続けていくことも大切だと思います。

1年に1度の例(ためし)の祭。
今年も無事奉斎出来たことを心から嬉しく思いました。
f0067122_11524818.jpg

# by fukuigokoku | 2006-04-14 11:52 | 祭事・行事 | Comments(1)

明日

明日13日午前10時30分より、当社春季例祭が斎行されます。

お伝えしているように境内の桜が満開のうちに例祭を迎えることができました。
お天気になれば良いなぁと思っています。

お時間のございます方には、是非ご参拝下さい。

お天気になるように
誰か「てるてる坊主」でも作ってくれませんか?(^.^)

今晩自分で作りましょうかね。







大雨になったりして・・・
# by fukuigokoku | 2006-04-12 16:35 | 祭事・行事 | Comments(0)

満開!

今朝の福井は雨模様・・・
境内の満開の桜もしっとりと春雨に濡れています。

昨日は神職の青年会恒例の花見で、敦賀の金崎宮を訪れました。
こちらの境内の桜も満開でした!
宮司さんの様々な特色ある、ユニークな試みもあり、年々お参りの方も増えているようです。今年は大河ドラマ『功名が辻』にも登場しましたしね。

お市の方が、兄信長に「袋のねずみ」を伝えたという、両端を縛った巾着の中に小豆が入った御守も授与されていました。


かわって嶺北の桜の名所といえば、やはり足羽山と足羽河原ですね。
一昨日の日曜日にはたくさんの人がお花見み出られたことでしょう。越前時代行列も良い天気に恵まれ催されたようですしね。
最近は足羽河原の桜並木が有名になってきていますが、やはり足羽山上に鎮座する足羽神社の枝垂桜は必見です。
HPには桜情報も掲載されていますんで、是非お参りされてはどうでしょう?
私も1シーズンに2~3度はお参りします!


ぜひぜひお参り下さいネー
あ、護国さんの桜も今が満開で綺麗ですよ(^.^)
f0067122_1255342.jpg

# by fukuigokoku | 2006-04-11 12:55 | 境内の様子 | Comments(0)

きれいでしょ♪

近所に住んでいる大橋さんからお花をご奉納頂きました。

地元協賛会として、当社の『みたま祭』等にもご協力を頂いている方で、ちょくちょくお花を持ってきてくれます。
この方のご自宅もお花に包まれているんですよ(^.^)

f0067122_1654042.jpg


「生き物を育てるのっちゅうのは、ひって難しいんやぞ! わかってるけ?」
と良く言われます・・・ 


まだまだってことですね(^_^;)
# by fukuigokoku | 2006-04-10 16:06 | 紹介したいこと | Comments(0)

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読みました。
8巻の中に、慶応三年(1867年)11月、
暗殺される2週間前の竜馬が、
福井藩士の由利公正に、新政府の財政担当と
なることを求め、福井に会いに来る場面があります。
後に由利公正は明治新政府の財政基盤を見事に
確立するのですが、竜馬はこの福井訪問が
最後の仕事となりました。
京から福井へ向かう道中を司馬遼太郎は、
竜馬の運命を暗示させて次のように描写しています。
『「いそがにゃァ、ならんぜよ、いそがにゃ。
おれには、こんどの仕事が最後になる。」
街道は晴れていた。竜馬がゆく。』
この小説のテーマ「竜馬がゆく」とは、
福井に向かい、日本改革の
大事を成し遂げる事だったのです。

竜馬が命尽きる前に目指したこの福井。
読み終えて、公にかける竜馬の意気込みと
幕末の福井の偉大さに、感動するとともに、
私も微力ながら公のために頑張ろうと
身の引き締まる思いがいたしました。




これは、新年度を迎えた4月1日にある方から頂いたメールです。
「これが何?」と思われるかたがいるかもしれません。
が、私はこのメールを読んで心臓が震える思いがしました。
時代の寵児であった竜馬が、日本の行く末を憂い、そして自らの命を掛けた最後の大仕事が福井の由利公正への懇願であった・・・


私は皇學館大學に入学し国史と神道を学ぶことで、この国に「いのち」を頂いた事への感謝、そしてこの国を愛する心が育まれたと思っています。

歴史はロマン

良くそう言われますが、本当にそうですよ。
私達の先人は、神様がこの国を造られたという神話を描き、そこに「いのち」の尊さと、人としての生業を現されています。
そして、この国の存亡にあっては、至るところで「私」を捨て「公」の為に、「命」をかけて戦い、この国を護り繋いできています。

それに触れたとき心は震えますよ。
そしてその護り繋いできた国史と、ふるさと福井が密接に繋がっていると、その感動はひとしおですよね。

厳しい事や、辛いこと、皆の為にしなければならない事から逃げ、この世の中の人が、楽なことや簡単な事に走り、「私」ばかりを主張したら・・・・ 書くのも怖いです・・・


このメールを頂いて本当に励まされました。
また、とてもとても嬉しく思いました。
メールを頂いた方には許可を得ず勝手に転記しています・・・
ですが、どうしても紹介したかったこの思いをお汲み取りください(^_^;)
# by fukuigokoku | 2006-04-09 11:07 | 紹介したいこと | Comments(3)